読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心臓外科インド留学日記

卒後沖縄の市中病院で研修し、3年間大学病院の心臓外科に所属していました。2017年3月よりインドのバンガロールにある病院で心臓外科フェローとしてトレーニングを始めました。

インド臨床留学

今年の3月から上司の紹介でインドのバンガロールにある病院で心臓外科フェローとしてトレーニングを受けています。年間6000件以上の開心術をこなし、世界で最も手術件数が多い病院だそうです。

 

同僚に聞くと日本人の留学は今までで初めてということで、このブログを通して今後留学を考えている人たちにとって少しでも役に立てればいいかなと思います。

 

まずインドで実際に働き始めるまでには色々な手続きを行わなくてはなりません。大まかに言うと以下のものが揃ってやっとインドに行くことができます。

 

・滞在期間+6ヶ月以上有効なパスポートの準備

・病院の選定

・MCI(Medical Council of India)の取得→インドの医師免許のようなもの

・Visaの取得

 

 トレーニングを受ける病院が決まらなければMCIとVisaの取得はできないため、まずは病院を決めることが一番重要となります。

 

 今回の留学は、私の上司が以前インドの病院を見学に訪れたことがきっかけで実現しましたが、他のアジアやアフリカ、ヨーロッパの人たちも数多く見学や研修を受けに来ているため、特にコネクションがなくても十分留学は可能だと思います。

 

ただ他の病院の状況はわかりませんが、私の病院は給料が出ないので、条件面については事前に確認しておくことをお勧めします。

 

次回はMCIの取得について書きたいと思います。